スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの基礎知識 |金利

住宅ローンを検討するときには金利の種類について知っておく必要があります。

金利の種類は大きく分けると次の五つになります。

1.固定金利型
2.変動金利型
3.固定金利期間選択型
4.上限金利設定型
5.ミックス型

ひとくちに金利と言ってもこれだけの種類があるのです。正直なところ、どの型を選べばいいのか迷ってしまいます。

いったいどれが一番お得なのでしょうか?

金利を検討するさいにはまず基本スタンスを「固定金利型」にすべきか「変動金利型」にすべきかを決める必要がありそうです。

それぞれメリットやデメリットがありますので、次にそれらをもう少し詳しく見ていきましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

tag : 住宅ローン 金利 固定金利型 変動金利型

住宅ローンの基礎の基礎

住宅を購入するとき、たいていの人はお金を借ります。

住宅ローンをひと言で表現すると「住宅を購入するためにお金を借りること」になります。

何だか当たり前のような事を書きましたが、このことはとても重要なのです。

どういうことかと言うとお金を借りて住宅を購入すると、大きな「金利負担」がかかってくるためです。


3000万円の分譲マンションを10年前にほとんど衝動買いしてしまった私が言うのですから間違いありません!


ちなみに、3000万円の住宅ローンを金利3%・35年ローンで借りたときに返済総額はいくらになると思いますか?

3500万円?それとも4000万円?

いえいえ、
元本と利息を合わせると約4850万円にもなるのですよ。

金利負担だけでなんと1850万円!

これから住宅購入を予定している方へ。住宅ローンは借金であることと、借りた金額よりも返す金額のほうが多くなるということを忘れないようにしてください。

テーマ : マイホーム
ジャンル : ライフ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。